リバウンド期間

ダイエットを成功させる心理学

仲間内でワイワイと会話をしていると
ある女性が
男性の上腕をモミモミと揉んでいる

何をしているの?と聞くと

男性の上腕が細いの!と触りながら言った

そんなに細いの?と会話が盛り上がり

自然となる
この会話の振り

「体重何キロなの?」

するとその男性Aは
「56kg」だと言った

56kgマロには夢の体重だった

細いとは言え男性なので骨格もしっかりしている
細マッチョタイプ

さらに隣にいた男性Bに話が移る
身長180センチ以上ある男性は

モデル体型でスラッとしていてカッコイイ

女性陣は
スタイルが良い憧れだと色めき立っていた

するとこの流れに…なるよね
「その身長だと体重何キロぐらいなの?」

身長180センチの男性は62kgだと答えた

マロが必死で頑張って体重を減らした時の体重だ!
当時あんなに頑張ったのに
それでも身長180センチ以上の男性よりも
まだ1㎏も重たかったとショックを受けた

そんなこんな話をしていると
話の流れでなるよね〜
「じゃ〜マロは体重何キロなの?」

おっと!そうくる気がしていた!
慌てた。

さすがに現体重は恥ずかしくて言えないので
だいたいの雰囲気的な体重を答えようと

マロ「AとB2人の体重を合わせたぐらい」
オブラートに包んで言ったつもりだった

盛り上がっていたその場が
( ゚д゚)シーーンとなった

「やべ!」口が滑った
そう思ったけど後の祭り

56kgの男性が
「足し算したらアカン!計算したらアカン!」
「その思考止めてあげて!」
仲間内の思考を制していた

56kg+62kg= 118kg
マロの体重123kg
マロはそれでも5kgサバを読んでいる(泣)

仲間内の思考回路は
now loading…中のまま
計算が止まっているはずだけれど

体重を公表してしまったようなもので
追い込まれてしまったマロ

「今日からダイエットするよ」
「今からダイエットするよ」
そうその場を取り繕った

仲間内には「またまたぁ〜」と聞き流された

あれなのよ

ワタシ今日ノ昼ニ
『ダイエットの心理学』ノ本
読ンデイタノ

そこにダイエットを成功させるには
周囲の人にダイエットをする事を
打ち明けること

そうすれば
周囲の協力が得られて
痩せやすいと
書いてあったことが

頭にあったんだと思う
それがポロッと体重を言ってしまった原因だと思う

こんな些細なことが
ダイエットを始める
きっかけになれるといいなぁ〜なんて

現実逃避中です!!

ピックアップ記事

  1. 幸せ太り?
  2. 体重123kgの身体計測
  3. 身長155.5cm体重135kgアラフォーオンナのダイエットが始まる!

関連記事

  1. リバウンド期間

    ┃電柱┃_・)ジー

    ┃電柱┃_・)ジー…

  2. リバウンド期間

    寒い

    10:00時出勤この大雨の影響で交通網が麻痺し会社…

  3. リバウンド期間

    半身浴では痩せられない

    痩せやすい環境作りのため生活環境を見直している太りやすい環…

  4. リバウンド期間

    太っていることで日常生活に影響が出るようになるとダメ

    「なんでマロって座る際に机に両手ついてから座るの?」と聞かれて…

  5. リバウンド期間

    体は隠せ作戦

    1ヵ月前1年ぶりに会う上司に会いたくなくてマロは出勤日…

  6. リバウンド期間

    ダイエットを油断させる時間

    ダイエットを油断させる時間帯は何かの拘束から解放された時学…

  1. リバウンド期間

    ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法
  2. セカンド・シーズン

    コーヒーフレッシュはトランス脂肪酸
  3. ファースト・シーズン

    GIFアニメーション
  4. ファースト・シーズン

    テレビに出演しました
  5. ファースト・シーズン

    ʅ(‾◡◝)ʃそこかぁ〜
PAGE TOP