リバウンド体重120kg台

ダイエット入門編の日々

「その大きなカバンの中に何が入っているの?」と聞かれた
「別に何も…普通…」と返答した

「買い物行くだけなのに
そんなに大きなカバン必要?」
無駄よ無駄と呆れ気味のFさん

マロのカバンの中身は

財布・化粧ポーチ・筆記用具・スマホ・
水筒・本が1冊・鍵・ハンカチ・マスク
ウェットティッシュ程度である

出かけるのであれば
最低限持っておきたい物が入っている

ただ
リバウンドをしてしまい

足の負担が大きく
手すりで体重を分散させる必要があるため

両手が使えるように
カバンはリュックサックタイプだ

たとえ荷物が増えても
手で提げるのではなく
背負えるようにカバンのサイズも大きい

「無駄に大きなカバン」だと言われて
他の人はどんなサイズ感のカバンを使っているのか

往来する人々のカバンを観察していると

あっ!そっか!マロは
TPOに合わせたカバンを使っていないのか
と、気づいた

マロのカバンの選択は単純で
仕事用・休日用・遠出用・フォーマル用程度の
大まかな分類にしか分けていない

休日なら
コンビニに行く時も
喫茶店でお茶をする時も
映画館で映画を見る時も
ショッピングモールに行く時も同じカバン

カバン1つとっても
マロは体型と似たごとく
おおざっぱな選択をしていることに気がついた

マロの基本的な考え方として
大は小を兼ねるため
大きなカバンが好き

しかし大きく太ってしまった体は
決して大は小を兼ねない

◇必要以上に大きなカバン持ち歩く人の心理として
○整理ができない人
○要領が悪い人
○物事に優先順位をつけることができない人

◇そしてリュックサックタイプの心理は
視野が狭く偏った方向だけで物事を判断する傾向がある

心理と言っても人それぞれ
だろうけれど

マロの場合
悔しいけれど…その通り…

体が大きければ
カバンも大きいのだと気付き

小さめなカバンを買った

この小さなカバン
ペットボトルを入れると
カバンが閉まらないのだけれど…

このサイズ感がわかっていない感じが
基本的にダメなのだろうな…

体重が減らなくても
見た目を少し小さくすることから始めている
ダイエット入門編の日々

ピックアップ記事

  1. 大幅ダイエット体組成測定結果
  2. パーソナルジムに通い始めて1ヶ月で減った体重
  3. 体重マイナス60kg減量の達成
  4. 筋トレは静的ストレッチを実施しない方が良い理由
  5. 腹直筋を鍛え基礎代謝量を上げ余分な脂肪を燃焼やす

関連記事

  1. リバウンド体重120kg台

    自然に体重が増えるリバウンド期

    「この一週間でまた太った!」と言われた「太っていない!」と反論する…

  2. リバウンド体重120kg台

    メタぽっちゃりシンドローム

    旧ブログタイトル「メタぽっちゃりシードリーム」ドリームと付けた…

  3. リバウンド体重120kg台

    体重増加による強い睡魔

    まだ順調に体重を減らしていた時筋トレ後の強い睡魔が半端なかった…

  4. リバウンド体重120kg台

    大幅リバウンドで体力の限界を超えている

    前回のダイエットはどのように痩せたのか…ダイエット再チャレ…

  5. リバウンド体重120kg台

    大幅リバウンド対人距離感が狂う

    今日はやたらと人や物にぶつかる日だったおそらく急激なリ…

  6. リバウンド体重120kg台

    肥満がこむら返りの原因になる

    インフルエンザで体重が減ったそんな一時的な喜びを噛み締めていた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Choose your country or region

アーカイブ

ブログ内 キーワード検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

カテゴリー

にほんブログ村に参加しています

最近の記事

イチオシ記事

おすすめ記事

  1. 第3回大幅ダイエット

    理想的な食べ方
  2. メンタルヘルス

    ダイエット停滞期以外でも体重が減らなくなった
  3. ボディメイクインストラクター資格取得中

    痩せなきゃダメ以外の言葉が思い浮かばない
  4. リバウンド体重120kg台

    身長は伸ばせないけれど体重は減らせる
  5. 大幅リバウンド体重120kg台

    ダイエットの神さま
PAGE TOP
Verified by MonsterInsights