セカンド・シーズン

体重120kgの体成組計の比較

ジムを2カ所通うようになって
体成組計も2カ所で測定できるようになった

ジム1つ目はインボディ
ジム2つ目はボディプランナー

どちらが
より正確な数字を出すのか
ジムをハシゴして
測定してみた

1つ目のジムは仕事場に近い
2つ目のジムは家から近い

まず仕事帰りに測定し
帰宅してから次のジムに行き測定した

移動距離と言う時間差はあるものの
同条件で測定

測定結果は
基本的には同じだったけれど
体脂肪に差が出た

インボディでは体脂肪量64.7kg
ボディプランナーでは体脂肪量59.7kgと

体脂肪量5kgの差がある

現在体重ではなく
体脂肪量をベースに減量をしているため

体脂肪が少なく計測される分には
悪い気はしないけれど

5㌔の差…

どちらにしでも
体脂肪だけでも50kgを
減らさなければならない事には変わりなく

マロの体型なら誤差の範囲

ボディプランナーは
ダイエットで陥りがちな筋力低下
サルコペニアが測定できるし

インボディは胸・腰・尻・腕・脚などの
身体計測できるのが良いです

正直なところ
この体型ではウエストやヒップや腹囲の位置など
一見分かりやすそうにみえて

実際測定してみると
位置の違いなんて
本気で分からない

ちょっと測定位置が変われば10㎝ぐらい簡単に違ってくる

さらに少しでも細く測りたいと心理が働き
腹囲も腰まわりも
気が付けば全部アンダーバストで測ってる(爆笑)
て、ことが機械は
ないので助かります

それぞれ
良いところがあるので
5kgの体脂肪量の差を気にすることなく
これらの情報を参考に
減量に励んでいきたいと思います

ピックアップ記事

  1. ダイエット28ヶ月目の結果と成果
  2. 太っている人の制服問題
  3. ダイエット体型変化いつから
  4. 大幅ダイエットマイナス70kg減量できました
  5. 太っていることで諦めたエピソードいろいろ

関連記事

  1. セカンド・シーズン

    筋肉痛の時は筋トレを休むべきか否か

    筋トレは負荷が同じ重さだと筋肉が成長しないため鍛える部位の角度や鍛…

  2. セカンド・シーズン

    膝には 体重の約5倍の重さがかかる

    昨日からの足の筋肉痛は随分と改善されて痛みが取れてきた階段…

  3. セカンド・シーズン

    体重が減るとき脂肪と筋肉が減る理想の割合

    体成分をこまめに測定しようと思っていたけれど測定可能な時間帯にジムの…

  4. セカンド・シーズン

    ブログ再開します

    足を痛めてしまってから痛めた足をかばうように歩いていたことで…

  5. セカンド・シーズン

    お肌ではなくお腹の曲がり角

    25歳を過ぎた頃から「お肌の曲がり角」などのセールストークをよく耳…

  6. セカンド・シーズン

    筋トレを止めたことで筋肉が硬くなった脚

    ファーストシーズンダイエット前の135キロの脚&n…

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. メンタルヘルス

    ダイエット停滞期以外でも体重が減らなくなった
  2. ダイエット美容

    美容室イスの上げ下げが不安
  3. メンタルヘルス

    ダイエット最高のお褒め言葉
  4. 第1回目大幅ダイエット

    殺生な体重計
  5. ウォーキング

    雨天に挑むウォーキング
PAGE TOP