GIFアニメーション

有酸素運動は脂肪燃焼効果があり無酸素運動は基礎代謝が向上する

前回のダイエットと今回の大きな違いは
1回目のダイエットは有酸素運動
2回目のダイエットは無酸素運動が主だということだ

有酸素運動では脂肪燃焼効果が期待でき
無酸素運動では基礎代謝が向上するため
ダイエットには両方が必要になる

第1回目のダイエット
135kgから63kg

そこからリバウンドをして

第2回目のダイエット
129.8㎏からのダイエット挑戦

体重が減り始めたのが
第1回のダイエットの時期と同じタイミングのため
比較するために
前回のファーストシーズンダイエットでは
どのようにしていたか
確認するようにしているけれど

当時の自分を振り返ると

1食でハンバーガを3個も食べている記事もあって
当時の自分自身に呆れ果てている(汗)

食べることで頭の中がいっぱいなことがよくわかる

栄養も考えていないし
ご褒美スイーツも無駄に多い
痩せるために
痩せるものを加算して食べていた(苦笑)

体形的に運動する事などはとても無理で
体重100kgまでほぼ食事制限だけで減量している

第一回目のダイエットから反省する事は
前回も筋トレから始めておけばよかったと思うことだ

その1番の理由は
筋トレをすることで
食欲のコントロールができる

本日は体重が少し減って125.4kg

今月になってから
約4kgほど体重が減っているけれど

筋トレによって
食欲をコントロールできているため
空腹をあまり感じなくても済んでいる

ここまで体が太いと
自分の体重を維持するだけで精一杯のため
さらに筋トレなどで
重い負荷をかける事など
当時は考えることができず
マゾの領域だった

肥満体型での筋トレは

決して楽ではないし
体が動かせるようになるまでは
辛いことも多いけれど

最近は
少しだけど、できることも増えてきた

それに何より筋トレは
メンタルが強くなる(大爆笑)

そんなマロはクランチに挑戦していました

鍛える筋肉は腹筋群

得られる効果はぼっこりお腹の引き締め
(私これ絶対必要なやつ)

まず床やベンチに仰向けに寝て
足を曲げ足が浮かせておく

息を吐きながら上半身を持ち上げ丸める
息を吸いながら胸半身下ろす

これらを8〜15回繰り返す

無酸素運動にはスポーツジムと言っても

正直なところ敷居は高く自分に自信がなくて
通う勇気が出ないことも多い

しかしストレッチなら自宅でもできるし
簡単な運動から始めて
自分を変えるチャンスにつなげていきたい

 

ピックアップ記事

  1. ダイエット体型判定
  2. 太っている時と痩せている時では時間の流れる速さが違う
  3. 家でできるダイエットエクササイズ
  4. ダイエット質問と回答
  5. 大幅ダイエットお腹の「みきちゃん」

関連記事

  1. 筋力トレーニング

    過負荷の原理から漸新性の原理

    昨日体成計を測定して「マロさん痩せてきていますね」との言葉が純…

  2. リバウンド期(健康)

    太りやすい体質のタイプを知る

    太る要因は体質によって人それぞれいろいろなダイエット方法をまね…

  3. リバウンド期間

    Hey Siri 痩せたいよ

    最近iPhone機能のSiriにハマっている音声認識でiPhone…

  4. リバウンド期間

    消費税

    9月末は会社の上期決算日で棚卸しや決算業務に追われるさらに…

  5. 筋力トレーニング

    肥満体型の人は体が硬くなりやすい

    徐々に体重が減り始めていることもあり筋肉肥大のトレーニングではなく…

  6. リバウンド体重120kg台

    家でできるダイエットエクササイズ

    こうも暑いと自分の体を持て余してしまって嫌になってしまって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Choose your country or region

アーカイブ

ブログ内 キーワード検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

カテゴリー

にほんブログ村に参加しています

最近の記事

イチオシ記事

おすすめ記事

  1. 食べてしまった

    幸せな太り方なら満足
  2. リバウンド期間

    空腹と睡魔でリバウンドの危機
  3. ダイエット食事

    うどんダイエット
  4. ダイエット食事

    食べる事と運動する事の両方が必要なダイエット
  5. 大幅リバウンド体重120kg台

    減量を意識すると食べる量が増えてしまう
PAGE TOP