セカンド・シーズン

コーヒーフレッシュはトランス脂肪酸

知らなかった…
コーヒーに入れるミルクって
トランス脂肪酸(油)なんだね( ゚д゚)!

マロは大のコーヒー党である

コカ・コーラやサイダーなどの炭酸飲料がまったく飲めず
さらにアルコールや紅茶が苦手とくれば

残りは
水・緑茶・ジュース・コーヒーからの選択になる

その中でもコーヒーが大大大好き︎

コーヒーには
体に溜まった脂肪を燃焼させる効果だったり
血行促進して基礎代謝を上げる効果がある

この理屈を理解して
飲んでいた訳ではないけれど

体の方が「飲んで欲しい」と欲してくる

朝・昼・晩・晩の4回は必ず飲んでいたけれど
苦いブラックコーヒーが今でも苦手

ダイエットを意識するようになってからは
できるだけブラックで飲むようにしているけれど
胃が荒れそうな感覚におそわれるため

シロップや砂糖は
さすがに入れなくなった代わりに

「ミルク」や「コーヒーフレッシュ」を入れて
ブラックコーヒーの苦味をおえながら飲んでいました

ミルクと言うので…てっきり

濃縮された牛乳や
生クリームみたいな物だと思っていましたが

現在ボディーメイクについて勉強していて
その中の栄養についての教材に

摂ってはいけない食べ物に
コーヒーフレッシュ

コーヒーフレッシュは
トランス脂肪酸なので
摂取しないように心がけましょうと書いてあった

マジか!!

トランス脂肪酸のイメージとしては
ジャンクフードなどに多く使われていて
それらは食べないように
心がけたりする知識はあったけれど

過去の自分を思い返すと
「ジャンクフードはトランス脂肪酸を使っているから
なるべくなら食べないようしないとね〜」
そのような会話をしているときの手元には
ミルクを入れたアイスコーヒーを飲んでいたことだってあると思う

コーヒーフレッシュの製造方法は
植物性油脂と水に乳化剤を加えクリーム状にした後
乳化剤などの添加物で白く濁らせ色合いや香りを調整した物で

その製造過程でトランス脂肪酸を発生させてしまう

トランス脂肪酸は天然にはあまり存在せず
工業的に油脂を加工する際に生じる不自然な脂肪酸で

WHOによるとトランス脂肪酸の取り過ぎは
動脈硬化や心血管疾患の心臓病リスクを高める

肥満の大敵

今までコーヒーを飲むとき

これを飲めば少しは脂肪を燃焼してくれるって
心のどこかで思っていたけれど

コーヒーフレッシュは植物性油脂だから
コーヒーに油を注ぎ込んで飲んでいたんだね

コーヒー豆にはこだわりがあったけれど
ミルク意識してこなかったよ…

あゝ
ショック

これからは
コーヒーを牛乳で割った
カフェオレにします!!

人生を長く生きてきて
気付くのが遅過ぎだよ…

※コーヒーフレッシュの中には
トランス脂肪酸がゼロのものもあるようなので
原材料を確認していきたいですねd(^_^o)

ピックアップ記事

  1. 体重123kgの身体計測
  2. 身長155.5cm体重135kgアラフォーオンナのダイエットが始まる!
  3. 幸せ太り?

関連記事

  1. セカンド・シーズン

    体脂肪を減らすお茶「特茶」「ヘルシア」などは使い分けよう

    呼吸をするたびにゼーゼー風邪を引き金に花粉症からくるアレルギー性…

  2. セカンド・シーズン

    運動していると言う安心感や達成感で つい油断して食べ過ぎてしまう

    ダイエットしていてダメだなって思う事はダイエットのために運動をして…

  3. セカンド・シーズン

    体重が減るとき脂肪と筋肉が減る理想の割合

    体成分をこまめに測定しようと思っていたけれど測定可能な時間帯にジムの…

  4. セカンド・シーズン

    家でできるダイエットエクササイズ

    こうも暑いと自分の体を持て余してしまって嫌になってしまって…

  5. セカンド・シーズン

    DIT食べることもエネルギー代謝という考え方

    仕事帰りジムに行かないのであればボーリングに行こうよと誘われた筋…

  6. セカンド・シーズン

    体脂肪を減らしたければ朝の筋トレが有効

    ジムに入会した時にもらった招待した人は無料でトレーニングができる…

  1. ファースト・シーズン

    テレビに出演しました
  2. セカンド・シーズン

    食べたらお腹が減る血糖値スパイク
  3. リバウンド期間

    着実にリバウンドしない ダイエット
  4. ファースト・シーズン

    GIFアニメーション
  5. リバウンド期間

    ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法
PAGE TOP