リバウンド期間

ダイエットをやめると味に鈍感になった

新しい職場に転勤になり
楽しみといえば
ランチタイム

職場から目と鼻の先の距離
近いお店でランチを食べると
「すごい!」
「凄く美味しい!」
「最高ダ!」

あまりの美味しさに感動した

さすが競争率の高いエリアで
生き抜いているお店だけあるなぁ~
感動だよ!

————二ヶ月後————

再びあの味の感動を求め
目と鼻の先にあるお店を訪れる

注文したメニューがテーブルに並んだ
“あれ?”
“味に感動がない”

別の日
もう1度同じメニュー食べてみよう
“あれ!?”
“薄味!! ”

更に別日
前回は異なるメニューだったのかも知れない
今日こそは最初と同じメニューのはず!
“あれ?”
“料理人が異なるからかな?美味しく感じないよ…”

あれ?
あれれ?

最初に食べた美味しい料理に
巡り合おうと
何度か訪れてみたけれど
心当たりのメニューを制覇しても
結局あの味にあの感動に出会えなかった

…あぁっ
そう言うことか。

変わったのはお食事処の味ではない
マロの舌が
鈍感になったのだ

転勤した直後は
ダイエットを頑張っていた

ダイエットをしていると
味覚が上がる

あれから3ヶ月
ダイエットのリズムを崩し
体重増加が著しいマロに

以前のような
研ぎ澄まされた
感覚・味覚・嗅覚がないのだ

体重増加とともに
五感が鈍くなっているんだと
気がついた

ダイエット中の食事といえば
生命を維持するための命綱

やっとありついた獲物に
似た感覚だった

現在の食事といえば
食べる時間になったから食事する

疲れを取るため
ストレスを発散するため
心を維持するため
自分を慰める食事で

空腹で食べていない

美味しい料理を提供してもらっているのに
体調ひとつで
ここまで食べた満足度が異なるのかとショックだった

…なんだか
もったいないと思った

ピックアップ記事

  1. DIT食べることもエネルギー代謝という考え方
  2. 下半身のボリュームダウンを目指す筋トレ
  3. ダイエット4ヶ月目の結果と成果
  4. 筋トレ後は筋肉が収縮した状態が定着しないようにストレッチする
  5. 大幅ダイエット体重135kg→79.9kg

関連記事

  1. リバウンド体重110kg台

    自分をコントロールできないダメな人す

    なんか…しんどいもうしんどい人の顔色をうかがいすぎてし…

  2. リバウンド期(食事)

    食物で人が太る仕組み

    太っている人はよく食べる食べた食物が体の中で液体状になるま…

  3. 筋力トレーニング

    引き締まった脚ハムストリングを鍛える

    スポーツジムにある筋トレのトレーニングマシン太りすぎで使えないもの…

  4. リバウンド体重110kg台

    大幅リバウンドでビックリするほどの夏バテ

    暑い…びっくりするほど夏バテしています昨年より体重50kg…

  5. リバウンド体重110kg台

    1年間で体重50kgリバウンドした姿を見られたくない

    人目を避けて逃げ隠れながら過ごす日々情けない…少し…

  6. リバウンド期(健康)

    DIT食べることもエネルギー代謝という考え方

    仕事帰りジムに行かないのであればボーリングに行こうよと誘われた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Choose your country or region

アーカイブ

ブログ内 キーワード検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

カテゴリー

にほんブログ村に参加しています

最近の記事

イチオシ記事

おすすめ記事

  1. 第1回目大幅ダイエット

    肥満は個性とは言えない
  2. 第1回目大幅ダイエット

    ダイエットは贅沢
  3. 大幅リバウンド体重120kg台

    逃げることができていたあの頃は、まだ痩せていた
  4. リバウンド体重110kg台

    太るとテリトリーが狭まる
  5. 第3回大幅ダイエット

    ダイエットの失敗チートデイ2日目
PAGE TOP