セカンド・シーズン

新型コロナウィルスが終息しますように

歩行中、盛大に転倒してから
2週間が経ち
すりむいていた両手足の怪我の傷が
絆創膏で補えるほど小さくなってきたため

絆創膏を購入しようと
薬局のレジで並んでいると
前に並んでいたお客さんが
声を荒らげて店員さんに問いかけを始めた
「なぜマスクは無いの?」
「いつ入ってくるの?いつ来たらあるの?」
「病人がいるのになぜマスクの取り置きしてもらえないの?」
と、噛みつきだした

おっと!止めてくれ!
マロは絆創膏を買いたいだけ…
次のレジの順番はマロなのに
店員さんのサッカー作業の手が止まってしまった

店員さんは
「入荷の見込みがなくわかりません」と回答していたが

お客様
「分かりませんじゃない!」
「いつなら有るのか、と聞いている」
「ないのであればいつ入荷するの⁈」
店員さん
「以前なら2日に1回ほど入荷していましたが…それが3日になって」
「だんだんと入荷しなくなっいて今は、分かりません…」
お客さん
「店員ならはっきりしろ」
「仕事しろ!」と
商品の代金を財布から出さないままのクレーム
一方的に怒りを店員さんにぶつけていた

薬局の店員さん
かわいそうだと思った

このようなクレーム1日に何件もあるんだろうね
いつもなら女性スタッフがレジをしてるけれど
今日は男性スタッフがレジでサッカー作業をしていた
困り顔も超えて辛そうだった

脅威があるのはウィルス以上に人間だ

マロ「すいません時間がなくて急いでいます、早くしてくれませんか?」と
店員さんではなく
そのお客さんに笑顔なく言って
サッカー作業を再開してもらった。

しかし人生って先が読めないね
コロナウィルスの影響で
マロの働いているお店の売上げは3〜4割減っている

昨年に社員から契約社員になり
今月の3月末に契約が満了する

契約の更新はほぼ確定されていたけれど
コロナウィルスの影響が長引けばヤバイ
契約の更新に不安を抱き始めた

契約の更新どころか
本来であれば少しでも売上を確保したい決算前
働いている会社の存続さえ難しいように感じ始めている
お店そのものがなくなりそうだ

そう思うと心配だけで痩せれそうな気がするなぁ…(苦笑)

ピックアップ記事

  1. ストレスを受けて「太る人」と「痩せる人」の違い
  2. 幸せ太り?
  3. 自律神経が乱れていると太りやすい
  4. 半身浴&ビニール傘で自宅のバスルームをサウナに
  5. ダイエットの基本理論

関連記事

  1. セカンド・シーズン

    マロの憂鬱

    年賀状っていいねぇ会わずして挨拶できるんだものお正月が過ぎ…

  2. セカンド・シーズン

    お腹が空いている時は 脂肪が燃焼されているサイン

    腰と足を痛めてしまい身動きが取れなくなった事は自分を見直す機会…

  3. セカンド・シーズン

    ダイエット中は笑顔がなくなるリバウンドすると笑顔も戻ってくる

    企業向け研修なるものの一環でお客様に対する接客態度や応対の抜き打ち…

  4. セカンド・シーズン

    筋トレ後最大24時間はエネルギー消費が安静時でも高まる

    昨日ジムで筋トレを実施その後、最大24時間は基礎代謝が上がって体…

  5. セカンド・シーズン

    太ると関節に脂肪がつき体は硬くなる

    面白いなと思ったことがあるここ数日まだ2回しか通っていないスポ…

  6. セカンド・シーズン

    後悔しない人生を歩むための最初の1歩

    20年ぶりのOB会に参加してきた。会場には20年前のアルバ…

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. セカンド・シーズン

    食べたらお腹が減る血糖値スパイク
  2. リバウンド期間

    体重120kgのダイエットインストラクター
  3. セカンド・シーズン

    プロティンを活用して健康的な生活
  4. リバウンド期間

    ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法
  5. ファースト・シーズン

    テレビに出演しました
PAGE TOP