セカンド・シーズン

膝には 体重の約5倍の重さがかかる

昨日からの足の筋肉痛は
随分と改善されて痛みが取れてきた

階段の上り下りの際
膝には
体重の約5倍の重さがかかるとされている

123kgのマロは
膝への負担は約600kg

階段を苦手とするのも納得できる

今はまだ
膝に痛みなどの自覚症状はないけれど

念のため膝関節もサポートしておこうと
昨日グルコサミンのサプリメントを摂取した

友人との会話

マロ「足の傷ついた軟骨の修復対策にグルコサミンを摂取してみたら
逆に足の関節が動かしにくくなったような感じがするんだけど…」と話をしていると

友人「そんなことある?」と大爆笑

友人「でも体重で膝の軟骨にプレスをかけている状態で
グルコサミンを摂取して軟骨は復活?修復?
効果はあるものなのかな?」と聞かれた

「……確かに。」

そこで、
膝関節痛の対策を調べてみると

1番に体重を減らせと書いてある

そりゃそうですよね…

2番目に脚の筋力をつけるために運動せよと書いてある
3番目にグルコサミンを摂取する

この組み合わせで改善されてくるらしい

膝の関節の動きをなめらかにする働きがあるグルコサミンで

マロの場合
膝の関節の動きが ぎこちなくなったのは
気のせいか…?
体重が重すぎるのか?

グルコサミンには別の効果
美肌効果や血行促進効果の方にも期待するとして

体重123kgでは
ちょっとした運動でも
膝などの関節に大きなダメージを与えてしまう可能性が高いため

ジム通いの下準備として
あらかじめグルコサミンをとり
軟骨成分サポート作用により
筋トレなどによるダメージの緩和や予防に努めたいです

ピックアップ記事

  1. ストレスを受けて「太る人」と「痩せる人」の違い
  2. 体重123kgの身体計測
  3. 自律神経が乱れていると太りやすい
  4. 半身浴&ビニール傘で自宅のバスルームをサウナに
  5. 幸せ太り?

関連記事

  1. セカンド・シーズン

    痩せやすい心拍数

    私の場合心拍数115が1番脂肪が燃焼しやすいそのためできるだけ…

  2. セカンド・シーズン

    簡単チューブトレーニング

    情けない話なのですが靴下を立ったまま履くことができません最…

  3. セカンド・シーズン

    体って不思議

    膝を痛めてしまって筋トレができなくなってからしばらく経った…

  4. セカンド・シーズン

    マロと警察官

    非番の警察官と雑談をしていて「晩御飯はどうしてる?」と言う話題から…

  5. セカンド・シーズン

    父親は糖尿病で透析を受けていた

    マロには父親が居なかった顔も覚えてはいなかった名前もはっきりとは知…

  6. セカンド・シーズン

    メタボリックシンドロームの判断基準

    女性の場合男性ホルモンが少ないため筋肉を肥大させる事は難しいそ…

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. ファースト・シーズン

    GIFアニメーション
  2. リバウンド期間

    2年前は体重が63kg今より60kg体重が軽かった
  3. リバウンド期間

    ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法
  4. リバウンド期間

    体重120kgのダイエットインストラクター
  5. リバウンド期間

    着実にリバウンドしない ダイエット
PAGE TOP