ボディメイクインストラクター資格取得中

空腹を抑えるための筋肉の育成

今日は膝がガクガクと笑っている
先日スポーツジムに行ってから
筋肉痛で足が痛い

1日中の立ち仕事

立っていることが辛くて
笑ってしまった

ただここで問題なのは

スポーツジムには行ったけれど
トレーニングは一切していないことだ(愕然)

いったいどうしたのかと言えば
スポーツジムを見学した際
トレーナーさんに各エリアを案内してもらった

新しく通うジムは
1階トレーニングジム
2階スタジオ
3階更衣室
4階プールなど
クラスごとにフロアが分かれている

その各フロアを見学する際
階段を使って移動しながら
案内をしていただいた

日ごろのマロは
階段の3段以上は
できるだけスロープを使うほど
階段を苦手としているため

階段を上り下りする筋肉はほぼついていない

膝で自分の体重を支えきれないからだ

しかしジム内の案内をしてくださる
元気の良い若いスタッフさんは
軽々とトン・トン・トンと階段を上っていく

まがいなりにも
今からスポーツジムで体を鍛えようかと言う人が

「あの…階段は嫌です」と言えなかった

自分の意地とプライドをかけて
平気な顔を装い
必死でその若いスタッフさんについて行った

入会手続き3Fロッカーの下見→1F受付に戻る
メニュー決めだとジムを見に行き
日程決めだと2Fスタジオのメニューを見に行き→1F予約
使用のルールの確認だと4Fプールを見学→1F用品購入

1回ずつ1階の受付フロアに戻る

顔には出さなかったけれど(いや出ていたかもしれない)
階段での移動は拷問に等しかった

辛かった

まさか
トレーニングを始める前に
筋肉痛になろうとは

足の筋肉が痛い✕痛いと
のたうちまわっていると

家族が一言
「そんな程度で筋肉痛になるのであれば
ジムに行かなくても家でトレーニングできるのと違う?」

はい、その通りです!

ただマロの場合は
単純に筋肉をつけるのではなく

最初のステップは
空腹を抑えるための筋肉の育成
ここがポイント(笑)

足の筋肉痛だけでは
空腹が抑えられない

体脂肪は固形燃料
筋肉は火力

筋肉を鍛えることで
体に蓄積された体脂肪を燃焼させ
体脂肪をエネルギーに変える

体脂肪のエネルギーで生命維持
低カロリーな食事でも空腹を感じないようにする

問題は山積すぎて
先は思いやられますが

しっかりとトレーニングを自分のものにして
体をコントロールできるようになりたいです

ピックアップ記事

  1. 心と体が裏腹なダイエット
  2. 大幅ダイエット内臓脂肪レベル
  3. 太りながら太らないように頑張る
  4. ダイエットブログ1周年
  5. 体重120kgのダイエットインストラクター

関連記事

  1. 大幅リバウンド体重120kg台

    減量を意識すると食べる量が増えてしまう

    季節が暖かくなってきてそろそろ薄着に向けて体型を整えていきたい…

  2. 大幅リバウンド体重120kg台

    痩せる細胞

    魚の中に含まれるオメガ3脂肪酸は別名「痩せる細胞」褐色脂肪…

  3. 大幅リバウンド体重120kg台

    自己管理ができない人は仕事管理もできない

    マロは女性ながらによく仕事と言っているけれど実態はたいしたこと…

  4. 大幅リバウンド体重120kg台

    ダイエットが詰んだきっかけ

    何がきっかけになるか分からないものでリバウンドの最初の引き金になっ…

  5. 大幅リバウンド体重120kg台

    短期間でこれだけ太りました(笑) before→afterのリバウンド画像

    短期間でこれだけ痩せましたなんてキラキラした記事や広告はよく見…

  6. 大幅リバウンド体重120kg台

    山盛ご飯が痩せないといけない気にさせる

    新元号が発表になる4月1日の午前中新元号の発表が気になるのか…

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. リバウンド体重120kg台

    急激に太ると外的要因の危険なリスクも高まる
  2. 第1回目大幅ダイエット

    痩せるために必須なもの
  3. リバウンド体重110kg台

    大幅リバウンドでビックリするほどの夏バテ
  4. ダイエット食事

    痩せ過ぎ危険児から重度肥満への沿革
  5. 第1回目大幅ダイエット

    ダイエットのイライラ周りに迷惑?
PAGE TOP