セカンド・シーズン

体重が増えても基礎代謝はさほど増えない

基礎代謝(BMR)について考えていた

ここで言う基礎代謝は

心臓を動かしたり
呼吸をしたり
体温を調節したり
ゴロゴロしていても消費されるエネルギーで

生命活動を維持するために自動的に使われているエネルギーのこと

計算式:基礎代謝基準値(kcal/kg)×現在の体重(kg)=1日あたりの基礎代謝量


マロの基礎代謝を測定すると値は1576kcalだった

しかし体重123kgの体型では
基礎代謝の基準値は2266〜2688kcalぐらいで
現在マロの基礎代謝はとても低い

だからこそ
とても太りやすい

ファーストシーズンの減量中
体重が65kgのときの
マロの基礎代謝は1305kcalだった


当時から体重を約2倍に増やしたため
基礎代謝も単純計算で2倍にすると2610kcal

この数値なら
体組成測定結果から見た基準値にも沿う

激しいダイエットは
基礎代謝をどんどん下げてしまうと言うけれど
まさしくその通りだ

下がった基礎代謝が
リバウンドと共に上がるのであれば良いのだけれど
体重は増えても
いったん下がってしまった基礎代謝は
簡単に上がってくれないため

この低い基礎代謝を
上げる方法は無いかと考えていた

一般的には筋トレをすれば
基礎代謝が上がると言われていて

筋肉が1kg増えるにつき基礎代謝が30kcal増える

えぇ〜と。
基礎代謝1576kcalを2500kcalぐらいまでに上げるには
筋肉1kgが30kcalだとすると
約30㎏の筋肉を増やさなければならない…

それは無理なので…

筋トレも頑張るとしても
まずはウォーキングだね

ウォーキングには
基礎代謝を上げて太りにくい体になる効果があるといわれているので

今日は軽く30分ほど歩いてみました
以前のファーストシーズンの時のダイエットのように
両手に鉄アレイを握る事はなかったけれど
心拍数が110以上になるように意識して

少しきついかな?
ぐらいの負荷をかけながらのウォーキング

まだ体力がないので
30分間を立ち止まらずに歩くことができませんでした

途中で立ち止まってしまうと
痩せる効果はないけれど

今日できなかった事は
明日できるようになれるように

まずは体に見合った
基礎代謝になれるように
取り組んでいきたいと思います

ピックアップ記事

  1. 幸せ太り?
  2. 身長155.5cm体重135kgアラフォーオンナのダイエットが始まる!
  3. 体重123kgの身体計測

関連記事

  1. セカンド・シーズン

    筋トレを1時間以内に納めると良い理由

    足の痛みが相変わらずで机や壁に体重を分散させて立っているのがや…

  2. セカンド・シーズン

    成果という見返りがなければ減量のモチベーションの維持が困難

    最近体重の変動がなく減量も中だるみそんな中2週間ぶりに…

  3. セカンド・シーズン

    筋トレは静的ストレッチを実施しない方が良い理由

    運動にはストレッチが必要でも筋トレはストレッチをしすぎ…

  4. セカンド・シーズン

    メタボリックシンドロームの判断基準

    女性の場合男性ホルモンが少ないため筋肉を肥大させる事は難しいそ…

  5. セカンド・シーズン

    食べたい物は体に不足している栄養素が含まれた食べ物

    皆さんはケーキ屋さんでショートケーキ1個だけ買えますか?今日仲…

  6. セカンド・シーズン

    大筋群を鍛えると効率的に基礎代謝を上げることができる

    全身にはたくさんの筋肉があるけれどその中で大きな筋肉「大筋群」を鍛…

  1. リバウンド期間

    ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法
  2. ファースト・シーズン

    Darwin
  3. ファースト・シーズン

    GIFアニメーション
  4. セカンド・シーズン

    食べたらお腹が減る血糖値スパイク
  5. ファースト・シーズン

    ʅ(‾◡◝)ʃそこかぁ〜
PAGE TOP