セカンド・シーズン

楽して痩せたいなら筋トレの場合 有酸素運動は必要ない

今日ジムでトレーニングをしていると
同じくトレーニングをしている人から
「そんなに太って!」
「筋トレなんかやめて走りや!」
「そんなのでは痩せられへん!」
「まだ若いから何とかなっとるけど」
「危ないで!」

「アッチ行って走り!」と
手厳しい…

マロは
「筋肉をつけたいので」と説明して
筋トレを継続していると

背後で
仁王立ちで睨んでくる

10回×3セットが終わって振り向いても
仁王立ちのまま睨んでいる

軽く会釈をして

その場から離れるためにマシンを移動し
違う筋肉のトレーニングを開始

インターバル中に振り向くと…
同じく背後に付いてきて
さらに怖い形相になり睨みつけてくる

マロの体型では
走る事は到底無理なんだけどなぁ…

実施するにしても
ウォーキングかバイクの有酸素運動

しかも
楽して痩せたいなら

驚くけれど

筋トレの場合
有酸素運動は必要がない(笑)

筋トレ後に
ゴロゴロと安静にしていて
消費カロリーが上がるのは

有酸素運動を組み込むよりも
筋力トレーニングだけの方が
消費カロリーが上昇した状態が続き
痩せやすくなる

このことを学んでから
筋トレと
有酸素運動は
日にちを変えて運動することに決めている

ジムに行った日はウォーキングは行わない
翌日の筋トレがお休みの日に
有酸素運動を取り入れている

黙々と筋トレを続けていると
「そんなに筋肉が付いているなら筋トレ必要ないやん!
「アッチ行きよ!」と諦めてくれない

今日は有酸素運動は必要がない
さて…どうしたものか…

大きな声で言っておられるので
周囲の視線はマロに向いているし

かといってこの大きな体
ジムのマシンに体をセットするのだって
悪戦苦闘で
無理矢理マシンに体をねじ込んでいるところもあって
そんな見られたくない姿に視線が集まってしまい
更に辛い

遠回しにマシンを使わないで!と言っているのかな…?

困り果てていると
他にトレーニングをしている人が

「そこに立っておられると邪魔です」っと
仁王立ちの人を引き離してくれた

確かにねぇ…

あまり街中でも見かけないような
大きな身体の人が

ジムで運動をしていたら
何か違和感あるんだろうな

ピックアップ記事

  1. 体重123kgの身体計測
  2. 身長155.5cm体重135kgアラフォーオンナのダイエットが始まる!
  3. 自律神経が乱れていると太りやすい
  4. 幸せ太り?

関連記事

  1. セカンド・シーズン

    欠食は痩せない食事回数が多いほど痩せやすい

    体調不良を治すために栄養をしっかりと摂らないといけないと思い通…

  2. セカンド・シーズン

    食事と一緒にMCTオイルを摂取することが邪魔くさくなり食事が億劫になった

    仕事の合間にある休憩時間立ち仕事のマロにとってはやっと椅子に座…

  3. セカンド・シーズン

    筋肉はあるのに筋力が無い

    痩せるために筋肉をつけているのだけれど自分でもちょっとわか…

  4. セカンド・シーズン

    成果という見返りがなければ減量のモチベーションの維持が困難

    最近体重の変動がなく減量も中だるみそんな中2週間ぶりに…

  5. セカンド・シーズン

    モデルのようなくっきりとした腰のくびれを作る筋トレ

    最近停滞期気味なのか体重の変動はなく骨格筋も体脂肪も変動が…

  6. セカンド・シーズン

    睡眠時代謝とカタボリック

    この1週間で筋肉が1kg減ってしまったことがショックだったもち…

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. リバウンド期間

    ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法
  2. セカンド・シーズン

    プロティンを活用して健康的な生活
  3. セカンド・シーズン

    コーヒーフレッシュはトランス脂肪酸
  4. ファースト・シーズン

    Darwin
  5. リバウンド期間

    2年前は体重が63kg今より60kg体重が軽かった
PAGE TOP