セカンド・シーズン

筋トレ後は筋肉が収縮した状態が定着しないようにストレッチする

筋トレは
筋肉を収縮させることで力を発揮しているため

筋トレ後にストレッチをしないと
筋肉が無意識に収縮した状態で定着してしまい
筋肉の柔軟性が低下して
可動域が狭くなってしまう

そこでストレッチを実施するのだけれど

マロの場合
「立ったままのストレッチでお願いします」と
ジムのスタッフ伝えている

一般的な床にマットを敷き
寝転がってするストレッチは苦手で

マロは一旦寝転がってしまうと
やすやすとは立ち上がれない

立ち上がるには
何か支えになるものが必要で

痩せている人であれば
誰かに手を引いてもらって
立ち上がることができるのだろうけれど…

マロの体形では

助けてくださいと手を差し伸べても
相手も一緒に倒れるだけ

立ち上がるだけも
膝を壊さないように
ちょっとずつ体重を移動させながら2〜3分はかかるため

自宅に帰ってから
横になるストレッチやエクササイズを行うようにしている

今日挑戦したのは
バックエクステンション

床にうつぶせに寝て
足を伸ばす
手は頭の横に上げておく

ゆっくりと胸を引き上げ上半身を持ち上げキープ
ゆっくりと元に戻す

8〜9回繰り返し行う
これよって鍛えられる筋肉は脊柱起立筋

効果は
背中の引き締め

今のマロが
バックエクステンションで動かせる
上半身の可動域はたったこれだけ…ww

これでも
ヒぃーヒぃー
ハァハァ
これ以上は無理︎!と必死に上半身を持ち上げている

何せ
元々うつぶせになる事ができない

お腹が出っ張っているため
若干足が浮いてしまう

体重がお腹にかかってしまうため
苦しい…
痛い…

その状態から上半身を引き上げるなんて
無理無理

今のマロは床から5㎝ほどしか
上体を持ち上げることがでず

そこから体の厚みを差し引いたら
一体何㎝上がっているのか…

太っていると
本当にできなくなっていることが多くて
落ち込んでしまうけれど

少しずつ
動かせる体を
取り戻していきたいと思います

本日の体重は
昨日と変わらず126.4kgでした

_______。o*★*o。______
ファーストシーズン・ダイエット135㎏→63㎏
第1回目の大幅減量の今日は何していた?

当時の記事

食事をしても 1つの栄養素が欠けると それを求めてお腹が減る

 

 

ピックアップ記事

  1. ストレスを受けて「太る人」と「痩せる人」の違い
  2. 自律神経が乱れていると太りやすい
  3. 脳の栄養学[ダイエットが三日坊主で終わる理由」
  4. 半身浴&ビニール傘で自宅のバスルームをサウナに
  5. 幸せ太り?

関連記事

  1. セカンド・シーズン

    お肌ではなくお腹の曲がり角

    25歳を過ぎた頃から「お肌の曲がり角」などのセールストークをよく耳…

  2. セカンド・シーズン

    体温調節機能が低下するため肥満体型の人は熱中症になりやすい

    「暑そうやねぇ大丈夫?」あまり知りもしない人に声をかけられる…

  3. セカンド・シーズン

    大幅ダイエット125kg→120kgの体型変化

    それにしても課題が多い体型をしているダイエットで体重が減り始め…

  4. セカンド・シーズン

    筋トレ後最大24時間はエネルギー消費が安静時でも高まる

    昨日ジムで筋トレを実施その後、最大24時間は基礎代謝が上がって体…

  5. セカンド・シーズン

    食事を体内の分解した脂肪で補う

    不思議なもので体重が増えているのに体は動きやすくなっている…

  6. セカンド・シーズン

    筋トレを1時間以内に納めると良い理由

    足の痛みが相変わらずで机や壁に体重を分散させて立っているのがや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. セカンド・シーズン

    プロティンを活用して健康的な生活
  2. ファースト・シーズン

    ジム通い半年
  3. セカンド・シーズン

    ペプチドYYからの満腹感の合図
  4. セカンド・シーズン

    マロと警察官
  5. リバウンド期間

    着実にリバウンドしない ダイエット
PAGE TOP