ファースト・シーズン

マニアックな部分

ちょっぴり引き締まってきた身体をみていると
全身を均等に鍛えられる
ジムは良くできているナァ~と感心する

ジムのマシンを全部使用すると
全身のトレーニングが均等に出来る

しかしそれで満足できるのは
一般的な普通の利用者で

マロはどこか物足りなく感じていた

なぜなら
マロのように高度肥満からのダイエット者には
ジムでは補いきれない箇所が
いくつかある。

それは
顔・首・後頭部・足首・足の甲

鍛えられている人のイメージは
たくましい腕
分厚い胸板
割れた腹筋
引き締まったお尻
かっこいい脚などetc.
あるけれど

それに対して
鍛えられた顔?(※1)
引き締まった首? (※1)
綺麗なラインの後頭部? (※1)
スリムな足の甲? (※1)など

(※1)上記の表現が正しいのかも不明だけれど
マニアックな部分を鍛える・引き締める事ができないのだ

しかし大幅減量のマロからすれば
切実な問題で

いくら腹筋が引き締まってきても
顔がたるんでいるのがイヤなのだ

いくらたれたお尻が引き締まってきても
しまりのない首がイヤなのだ

いくら背中のお肉が取れてきても
太っているとき盛り上がったお肉で
後頭部にできた三段腹ならぬ三段後頭部の段差がイヤなのだ

なにせ成人男性1人分を身体から追い出したのだ

いくら毎日10km歩いていても・・・
足首がさほど引き締まっていかないのがイヤなのだ

一般的な人のように
代表的なところを鍛えれば良いと言う訳にはいかない

頭の先からつま先まで
隅々までケアをしないと追いつかない

最近テレビでよく見かける
フェイシャルフィットネスの「PAO」のようなもので

顔のトレーニングは出来るとしても・・・
1万円ほどする高価なものだし

それを使っても首や後頭部となれば別問題だろう

美しく引き締まったウエストが欲しいマロは
綺麗な首や鎖骨も欲しいのだ

まだ体重が65kgと重く
まだまだ落とせる脂肪を抱えている

しっかりとダイエットを頑張る事で
隅々までケアできると信じているからこそ
トレーニングを頑張れるのだけれど

それでも一般的なトレーニングと異なり

大幅ダイエットなりの鍛え方があるのではないか?
それを追求していこうと思った

そこで最初は
腹筋を鍛えるマシンの使い方をアレンジして
顔を鍛える事に(笑)

アブクランチというマシンがある
2016093001.jpg
本来の使い方は40kg程度のウエイトを
お腹の力だけで下側に押し重りを持ち上げるマシンだけれど

これを軽いウエイト(約5kg)にして
腕は使わずアゴの力だけで持ち上げるプッシュアップ(笑)に挑戦

頬っぺたがピリピリとチカラで震えるから
ある程度の効果はあるかな?

こんな難しそうなマシンを使わなくても
テーブルの上で
両手を組み合わせた手の上にアゴを置き
アゴの力でテーブル側に力を入れる(押す)だけでも
顔や首回りを刺激できる
同じような効果は得られそうな気がした

決して楽ではないトレーニングをするのだ

鍛えたれている部分と
そうでない部分がまばらに出来ないように

大幅ダイエットなりの
トレーニング方法を
研究したり模索したりしながら

全身を均等・均一に鍛える事が出来るように
探求していきたいと思います。

 

ピックアップ記事

  1. ストレスを受けて「太る人」と「痩せる人」の違い
  2. 半身浴&ビニール傘で自宅のバスルームをサウナに
  3. 自律神経が乱れていると太りやすい
  4. 身長155.5cm体重135kgアラフォーオンナのダイエットが始まる!
  5. 体重123kgの身体計測

関連記事

  1. ファースト・シーズン

    寿命を延ばす歩き方

    昨日体力が限界の中で半分居眠りをしながら極限状態で歩いたウォー…

  2. ファースト・シーズン

    砂糖依存症

    バレンタインのシーズンが近づいてきて日ごろお目にかかれないチョコレ…

  3. ファースト・シーズン

    ハンガーノック

    停滞期と言う訳では無いけれど体重が減らなくなってかれこれ20日…

  4. ファースト・シーズン

    ついつい見てしまう・・・

    パソコンやスマホを使用していると自分の閲覧歴からそれにそった内…

  5. ファースト・シーズン

    繁忙期

    最近お仕事の事に触れるブログ記事がめっきり減ったなぜなら会社の人に…

  6. ファースト・シーズン

    渡り鳥

    春が確実に近づいてきているようで深夜のウォーキングの最中今まで…

コメント

    • マシュ麿みき
    • 2016年 10月 02日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは
    イベント楽しんでしますかぁ~
    充分にリフレッシュして
    英気を養ってくださいねぇ~♡
    フェイススリマー
    以前から気になっています!
    つけた時の顔をイメージするとかなり
    間抜けなんですが(笑)
    でも海外向けに人気の商品なんですよね
    調べてみたら1000円弱のものから入手可能みたいなので
    これくらいからはじめてみても良いかも~ぉ♪と
    アマゾンで早速購入ボタン押しました(笑)
    顔引き締まるといいなぁ~

    • マシュ麿みき
    • 2016年 10月 02日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おせっかい様へ
    こんばんは
    大変役に立つ情報ありがとうございます
    さっそくトレッドミルで早歩きに挑戦してみたいと思います
    マロは現在トレッドミルの時速設定は6.5km/hなのですが
    時速7.5~km/hぐらいでしょうか?
    早歩きで挑戦してみます!
    そういえば、この早歩き走行
    同じジムに通っている方に
    実践されている女性がいます
    いままで運動神経バリバリなのに
    「なぜ?走らないんだろう?」と
    不思議に思っていたのですが
    あえてチーティング技術をされていたのですね
    いま理解しました
    身体の端から引き締まってくるって魅力的ですので
    頑張ってみますね♪
    ありがと~♡

    • tomato
    • 2016年 9月 30日

    SECRET: 0
    PASS: dca51a8dd29701d5048fb3b703c01c9f
    マロさん おはようございます^ ^

    そっかぁ マニアックととられるのかな??
    確かにここが!
    って言われても 皆んながあれれ?
    っとなるかもしれませんね。

    お顔のたるみ、げっそり感であれば
    フェイススリマーなるものが
    通販番組でやってましたよ。
    4千円ぐらい。家のみで出来るものです(笑)
    マニアックとは言え
    切実でますものね〜〜

    難しいです。

    私も追いつけるよう、ぼちぼち自分のペースで☆

    明日は楽しみなイベントもあるので、
    気分変えて行ってきますね〜
    と言いながら眠れないはずなので
    マロさんにメール送ってるかもです ワハハ。

    • おせっかい
    • 2016年 9月 30日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マロさん、こんにちは
    いつも楽しく拝見させて頂いてます。

    重たいものをゆっくりと動かすのは筋肥大には有効ですが、引締めるという意味においては遠回りに思います。
    とくに頭や足先はもともと厚い脂肪が付きにくい箇所なので筋トレで引締めようとするのは難しいハズです。脂肪を燃焼させるためにウォーキングされているのだと思いますが、これではある程度までしか落ちないと思います。
    でも速いスピードで走る(足を動かす)ことを30分以上ぐらいすれば、体の先端部位からドンドン細くなっていきます。
    イメージとしてはプロ野球の投手は安定した下半身を作る為にゆっくりとしたジョギングを長時間走り込みます。一方、マラソン選手など長距離タイプの陸上選手にガッチリした下半身をもった人などいないことで理解していただけると思います。
    走ることに関して抵抗をお持ちのようなのでお勧めしたのは、トレッドミル(ルームランナー)で手摺につかまり、引っ張ってもらっているような状態で早いスピードにすれば、足が勝手に速く走る動作をする(筋肉が動く)ので走るのと同様の効果が得られるというチーティング技術です。
    これで後頭部まで効かせられるか?はわかりませんが少なくとも足首や足の甲、首は絶対に効果が得られると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. ファースト・シーズン

    Darwin
  2. リバウンド期間

    ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法
  3. ファースト・シーズン

    太るための逆ダイエット
  4. セカンド・シーズン

    食べたらお腹が減る血糖値スパイク
  5. リバウンド期間

    着実にリバウンドしない ダイエット
PAGE TOP