セカンド・シーズン

筋トレの増量期と減量期の移行のタイミング

体重が120kg台もあるのに
なぜ筋トレで増量期を行っているのか

まず
ダイエットに気持ちを切り替えることと
運動に体を慣らすことだった

太り過ぎで
1日1日が体力ギリギリ

そこから運動や食事制限をする持久力はなく

そのために
先にダイエットに耐えられる体力作りの
増量期を設けてきたけれど

ジムに通い出してから約1ヵ月が経ち
そろそろ
減量期に移ろうと思っている

ここで
悩んでしまうのが
増量期と減量期切り替えのタイミングである

一般的な
増量期を設けたことでボディーメイクが成功する方法は

【例として】
体重60㎏体脂肪率30%骨格筋率35%の場合

増量期終了
体重65㎏(+5㎏)体脂肪率32% (+2%)骨格筋率37% (+2%)になれば

1ヵ月で減らす体重を2%〜3%を目標に
減量期に切り替え

体重55㎏(−10㎏)体脂肪率25% (−7%)骨格筋率38% (+1%)で減量期終了

増量期を挟むことで

結果的に筋トレ前よりも体重が5㎏体脂肪率が5%減らすことができ
体脂肪を減らし筋肉を増やすと言う理想的な体質の変化を得られるとあるが

マロの場合
いくら増量期だからと言って135㎏まで増やせば良いと言う訳ではない

さらに

太い人は筋肉がつきやすいと思われているけれど

マロのように高度肥満者の場合
体脂肪率が高すぎると
筋肉肥大は逆に起こりにくい

これは
太りやすい勢いの方が強く
あまり筋肉が育たないからだそうで

このまま
筋力アップをはかっても
空回りになるため

筋肉をつけるためにも
そろそろ脂肪を減らしていく時期に入った

増量期の

罪悪感なく食べられる
開放感は
たまらなかった(笑)

ついにこの期間が終わってしまうのか・・・

明日
減量期突入前の
宴会をして(笑)

明後日から
減量期に移行していきたいと思います

ピックアップ記事

  1. 体重105kgを1年で52kgに減らした
  2. 男女で異なるダイエット定義
  3. ダイエットの基本理論
  4. 手をつかないと立ち上がれない肥満
  5. チートデイの翌日の身体の不思議

関連記事

  1. セカンド・シーズン

    有酸素運動は脂肪燃焼効果があり無酸素運動は基礎代謝が向上する

    前回のダイエットと今回の大きな違いは1回目のダイエットは有酸素運動…

  2. セカンド・シーズン

    血糖値スパイクをコントロールする

    最近スイーツなどの甘いもの自分へのご褒美を我慢できるようになった…

  3. セカンド・シーズン

    ダイエット中は笑顔がなくなるリバウンドすると笑顔も戻ってくる

    企業向け研修なるものの一環でお客様に対する接客態度や応対の抜き打ち…

  4. セカンド・シーズン

    アブドミナルクランチ 腹直筋を鍛え基礎代謝量を上げ余分な脂肪を燃焼やす

    ジムってこうやって一息つけるタイミングがあるから好きです…

  5. セカンド・シーズン

    ダイエットや食事制限が原因で貧血になり痩せにくくなる

    皮肉なものでダイエットはもうしない!そう思うことが自分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. ダイエット筋トレ

    舌回しで顔やせダイエット
  2. 第1回目大幅ダイエット

    クリスマスプレゼントの配達事故
  3. 少し痩せて良かったこと

    首周りのサイズ睡眠時無呼吸症候群
  4. ウォーキング

    風邪の引き始めは、あえて運動する
  5. ダイエット体形変化

    ファッピー
PAGE TOP