リバウンド期間

睡眠時間が短いと肥満になりやすい

どんなにダイエットに良いと言われていても

改善できないのが
睡眠時間の確保である

睡眠時間が短いと肥満になりやすい

マロの場合 1日の睡眠時間は平均4時間

睡眠4時間は
太りやすさで言えば
70%太りやすいと言われている

ちなみに5時間だと50%

睡眠時間が短い人ほど
太りやすく
睡眠7時間が一番痩せやすい

+3時間の確保が
生活サイクルで調整できず確保できない

睡眠不足になると
成長ホルモンの分泌量が減少するだけではなく
食欲を抑制する理性も低下して
脂肪分解が滞る上に
摂取カロリーが増加する

浅い眠りなどが原因で
質の良い睡眠が取れない人は
成長ホルモンの分泌量が通常の30%まで減少する

成長ホルモンとは「成長」するためのホルモンだと思われがちだけれど
細胞分解作用
タンパク質の合成など
ダイエットに欠かせないホルモン

最近では意識して
30分ほど早く寝るようにしているけれど

この夏の暑さ
熱帯夜の影響もあって

眠りは浅く
すぐ目覚めてしまう

ジムに通って筋トレすることも大事だけれど

ここまで太いと
睡眠をしっかり確保する方が
体重が減りやすいと感じることがあるため

少しでも睡眠時間を確保するよう
心がけていきたい

ピックアップ記事

  1. 買い置きしないダイエット
  2. ダイエット27ヶ月目の結果と成果
  3. 2年半で体重56kgの増加
  4. 心と体が裏腹なダイエット
  5. 太った体形を見られたくない

関連記事

  1. ダイエット健康

    肥満によりズレた内臓の位置を元に戻すトレーニング

    ダイエットや筋トレをしていると成果を求めるものだけれど…

  2. リバウンド期(睡眠)

    ダイエットインストラクター最初に学ぶこと

    ダイエットインストラクターの資格を取る時1番最初に学ぶこと…

  3. リバウンド体重110kg台

    リバウンドと断捨離

    リバウンドで体重が増え始めると体が重たく感じられ動くのが億…

  4. リバウンド期間

    ダイエット談義

    ダイエットに成功した仲間と会った前回のダイエットの時ダイエ…

  5. リバウンド体重110kg台

    自分のコントロールを失うリバウンド

    リバウンドをする原因に体質や意思の弱さや環境など…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Choose your country or region

アーカイブ

ブログ内 キーワード検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

カテゴリー

にほんブログ村に参加しています

最近の記事

イチオシ記事

おすすめ記事

  1. メンタルヘルス

    減った体重の維持は痩せるよりも困難
  2. 大幅リバウンド体重120kg台

    次回お会いする時は少し痩せていたい
  3. パーソナルジム(筋トレ)

    リハビリトレーニング
  4. 第1回目大幅ダイエット

    痩せるために必須なもの
  5. 少し痩せて良かったこと

    雨の日に傘をささない理由
PAGE TOP
Verified by MonsterInsights