第2回目大幅ダイエット

睡眠時間が短いと肥満になりやすい

どんなにダイエットに良いと言われていても

できないのが
睡眠時間の確保である

睡眠時間が短いと肥満になりやすい

マロの場合 1日の睡眠時間は平均4時間

睡眠時間の4時間は
太りやすさで言えば
70%太りやすいと言われている

ちなみに5時間だと50%

睡眠時間が短い人ほど
太りやすく
睡眠時間7時間が一番痩せやすい

+3時間の確保が
生活サイクルや体のサイクルに調整できず
なかなか確保できない

睡眠不足になると
成長ホルモンの分泌量が減少するだけではなく
食欲を抑制する理性も低下して
脂肪分解が滞る上に
摂取カロリーが増加する

浅い眠りなどが原因で
質の良い睡眠が取れない人は
成長ホルモンの分泌量が通常の30%にまで減少する

成長ホルモンとは「成長」するためのホルモンだと思われがちだけれど

細胞分解作用
タンパク質の合成など
ダイエットに欠かせないホルモン

最近では意識して
30分ほど早く寝るようにしているけれど

この夏の暑さ
熱帯夜の影響もあって

眠りは浅く
すぐ目覚めてしまう

ジムに通って筋トレすることも大事だけれど

ここまで太いと
睡眠をしっかり確保する方が
体重が減りやすいと感じることがあるので

少しでも睡眠時間を長く取るように心がけていきたいと思います

_______。o*★*o。______
ファーストシーズン・ダイエット135㎏→63㎏
第1回目の大幅減量の今日は何していた?
当時の記事
体重が減るよりも嬉しいこと

ピックアップ記事

  1. ダイエット前より太くなった部位
  2. 脂肪の代謝には水分が必要
  3. ダイエット体重の数値に囚われる
  4. 顔痩せすると眼鏡のサイズが変わる
  5. ダイエット12ヶ月目の結果と成果

関連記事

  1. 第2回目大幅ダイエット

    ダイエットにおける食事において もっとも優先順位が高い物

    ダイエットと健康適度な運動は食欲のコントロールに役立ち筋トレによっ…

  2. 第2回目大幅ダイエット

    減量時の筋肉と脂肪の減少比率

    あれ?失敗している・・・125kgと言う体重は気にせずに…

  3. 第2回目大幅ダイエット

    筋トレは静的ストレッチを実施しない方が良い理由

    運動にはストレッチが必要でも筋トレはストレッチをしすぎ…

  4. 第2回目大幅ダイエット

    睡眠時無呼吸症候群で呼吸が止まっていないか調べる

    いびきラボというアプリを入れて睡眠時無呼吸症候群で呼吸が止まっていな…

  5. 第2回目大幅ダイエット

    新型コロナウィルスが終息しますように

    歩行中、盛大に転倒してから2週間が経ちすりむいていた両手足の怪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. ダイエットモチベーション

    ダイエット痩せて改善されたこと
  2. リバウンド期間

    ダイエット所詮アナタは頑張れない
  3. 第2回目大幅ダイエット

    脳は食事制限など否定形を理解できない
  4. 食べてしまった

    ダイエット普通になる喜び
  5. ダイエット食事

    体重計に乗らない日
PAGE TOP