セカンド・シーズン

大筋群を鍛えると効率的に基礎代謝を上げることができる

全身にはたくさんの筋肉があるけれど
その中で大きな筋肉「大筋群」を鍛えると

効率的に基礎代謝を上げることができる

「大筋群」とは
・大腿四頭筋(太もも)
・広背筋(背中)
・大胸筋などが大きな筋肉

その中で
毎日重たい体重を支えている脚は
24時間 筋トレ状態なので後回しにして

脚に負担をかけたくないことから

日頃あまり重たい物を
持たないようにしているマロは

体感的には
上半身が弱く
あまり発達していないと感じているため
背中を特に意識して鍛えた1ヵ月だった

ジムに入会した当時の写真
スタート時と


 

あれから1ヵ月半
筋トレを頑張った背中を見比べてみると
少しはスッキリしただろうか?
1ヶ月後


体重は増えているけれど
自分では少し引き締まったような気がしている

ただ気になるのが
肩の筋肉だ…

背中を鍛えるマシン…
体が太すぎて
背中のアプローチに届かない


(イメージ写真)

例えば
この広背筋を鍛えるマシン
男性が座っている椅子の部分が
体格に合わせて調整出来るようになっている

けれど
椅子の調整を最大限に広げても
マロの場合は太すぎて身体が入らない

仮に身体をマシンにセットできても

太過ぎで広背筋(背中)の位置まで身体を差し込めないため

手前で止まってしまい大胸筋を鍛えるマシンに変わってしまう

このようなマシンであれば

本来であれば正面向きにトレーニングをする

しかしマロの場合は
反対側の後ろ向いて座り鍛えるなどするため

鍛えたい
または本来鍛えられる箇所と異なった
部位を鍛える事になるため

1ヶ月という短いトレーニングの割には
まったく意識してトレーニングをしていなかった肩の小さい筋肉(僧帽筋)が脂肪の下で
立派に鍛えられてしまっている気がする(笑)


鍛えたい場所と鍛えられた場所が
異なって育ってしまった

トレーニング1ヶ月目だった(笑)

ピックアップ記事

  1. 体重123kgの身体計測
  2. 身長155.5cm体重135kgアラフォーオンナのダイエットが始まる!
  3. ストレスを受けて「太る人」と「痩せる人」の違い
  4. 半身浴&ビニール傘で自宅のバスルームをサウナに
  5. 自律神経が乱れていると太りやすい

関連記事

  1. セカンド・シーズン

    筋トレの高負荷低回数と低負荷高回数の違い

    人生においての節目の時期なのかいろいろな別れがあって1個・…

  2. セカンド・シーズン

    体って不思議

    膝を痛めてしまって筋トレができなくなってからしばらく経った…

  3. セカンド・シーズン

    飲食禁止ダイエットのためのマイルール

    車内で友人「時間がないからこのお弁当食べていい?」マロ「車…

  4. セカンド・シーズン

    有酸素運動は脂肪燃焼効果があり無酸素運動は基礎代謝が向上する

    前回のダイエットと今回の大きな違いは1回目のダイエットは有酸素運動…

  5. セカンド・シーズン

    腹直筋は24時間で回復するため毎日トレーニング実施できる

    いつもダイエットや筋トレのブログを書いているけれど筋肉が増えている…

  6. セカンド・シーズン

    家でできるダイエットエクササイズ

    こうも暑いと自分の体を持て余してしまって嫌になってしまって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. ファースト・シーズン

    ジム通い半年
  2. セカンド・シーズン

    マロと警察官
  3. セカンド・シーズン

    コーヒーフレッシュはトランス脂肪酸
  4. リバウンド期間

    ダイエット後のリバウンドを防ぐ方法
  5. ファースト・シーズン

    テレビに出演しました
PAGE TOP