リバウンド期間

私はこうやって大幅リバウンドしていった

パソコンのデータを整理していると
リバウンドし始めた頃の日記が出てきた

この頃は、まだダイエットのことを諦めていなくて
でも新しい環境に
ダイエットの継続が難しく
無理に減量しようとして
体調不良に襲われていた

バウンドが始まりだした頃の
——–ある日の日記——–

無駄に食べたらダメだってわかっていても
食べだしたら止められない

でも
食べると元気が出る
食べることで居眠りがなくなる
食べることでチカラがでる
食べることで意欲が沸く
食べることで身体が楽になる
食べることでストレスを感じなくなる
食べることでよく笑うようになった
食べることで顔色が良くなり
食べることで冷え性が緩和される
食べることでお肌に艶がでて
食べることで健康的になれた

唯一、食べたらダメなことは
体重が増えること

それさえなければ
食べることは良いことばかり

であれば
別に食べても良いのではないのか?

——-それからしばらくした日記———

いったい
どこがボーダーラインなのか・・・

食べることで健康的になれた

ハズなのに・・・

体調がすぐれなくなってきた

ジムから帰ると時間は25時
そんな時間から晩御飯を食べるので朝の寝起きが悪くなった

食べることでブカブカだった洋服が窮屈に感じられるようになった
食べることで身体を重く感じた
身体が重く感じられると動くのがイヤになった
身体を動かすのが億劫だと感じることが増えた
なにかにつけて邪魔くさいと感じることが増えた
急激に増えた体重
夜のウォーキングで足を痛めた
身体を動かさないので夜の眠りが浅くなった
増えた脂肪で体温が上がり
蒸し暑いと感じ,さらに寝苦しくなった
ご飯を食べても美味しく感じなくなった
汗をかくようになった
水分摂取が増えた
すると肌が痒くなった
ジムで筋トレするために空腹ではチカラがでないと
食べることを正当化した
食べると胃が出た
ジムに行き
昨日よりでっぱった腹部を見られるのがイヤだった
恥ずかしかった
みんな身体を磨き上げにきているのに
ドンドン体型が崩れていく姿を見られたくなかった
ジムの入り口までいくものの
人目を気にして
チェックインできない日が増えた
ジム入口でUターン

全てが悪循環だった

投げやりの自分がいた

食べることで
ドンドン思考回路がネガティブになっていく・・・

私なんて所詮・・・
結局、人間の本質は変えられないのか・・・

コレガワタシノホンショウ

食べることで健康になれるのに

食べることで
ドンドン不健康になっていくワタシがいた。

——-つづく。

ピックアップ記事

  1. 脂肪の代謝には水分が必要
  2. 考えるダイエット
  3. チートデイの翌日の身体の不思議
  4. 睡眠ダイエット
  5. ダイエットブログ1周年

関連記事

  1. リバウンド期間

    急激に太ると外的要因の危険なリスクも高まる

    ハァ…事故りそうになった屋上に車を止めていて出庫するた…

  2. リバウンド期間

    太っていることで日常生活に影響が出るようになるとダメ

    「なんでマロって座る際に机に両手ついてから座るの?」と聞かれて…

  3. リバウンド期間

    水と油

    ふっと、気付いたリバウンドによる体重差50㎏太っていても痩…

  4. リバウンド期間

    早く食べる人よりも ゆっくり食べたほうが 痩せやすい

    ダイエットの意識付けとして食べる量のコントロールが難しいので…

  5. リバウンド期間

    気合

    寝込んでいます・・・。明日は着任初日気合で治したい…

  6. リバウンド期間

    山盛ご飯の方が痩せないといけない気にさせる

    新元号が発表になる4月1日の午前中新元号の発表が気になるのか…

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. リバウンド期間

    着実にリバウンドしない ダイエット
  2. 第1回目大幅ダイエット

    ダイエットはほどほどに
  3. 第1回目大幅ダイエット

    測定不能だった体重
  4. 太っていて困ったこと

    肥満体形でも大丈夫かと言う選択肢
  5. ダイエット停滞期

    体重計に振り回されるダイエット
PAGE TOP