リバウンド体重110kg台

体重を70kg減らした私が惨敗した訳

以前同じジムに通っていた人と
バッタリ、コンビニで鉢合わせた

体重100㎏以上ある
その人は

仕事帰り
何時もスポーツジム閉館30分前にチェックインをして
10分ほど時間をかけて着替えをすませ

15分ほどバイク(自転車)をこいで帰っていく

バイクを漕ぎながらもiPhoneが手放せず
2台のスマホを交互に操作するため

ハンドルを握らない

そのため心拍が測定できず
インストラクターさんがいつも励ましていた

当時マロはガツガツ
ダイエットをしていたけれど

元100kg越えの仲間意識と言えば良いのか
その辛さが分かるため

内心で
「頑張れ!頑張れ!」と
声援を送っていた人だった

今からジムに行くはずの
その人

今から行けば
ジムの閉館まで2時間半はある

コンビニの雑誌コーナーで
立ち読みしている
その人は

おそらく
このあと2時間
あの雑誌コーナーから動かない

何時も
そうだった

ジム近くのコンビニや
スポーツジムの駐車場まではやって来る

ジム近くには数時間前に着いている

けれど
そこからが動かない

おそらく自分の意思でダイエットをしていないのだ

家族や第三者から
「痩せないとダメだ」と
ダイエットを強制させられているのだと思う

ただでさえ体力を消耗しきる肥満体型
さらに仕事の帰りのお疲れモードの中
加えて運動をするのはとてもキツい

しんどくないはずがない

だからと言って
ジムをサボって家に帰れないのだろう

スポーツウェアに着替えないと
運動をしていないことがばれるのだろう

ちょっとだけ

運動をしている
素振りをしているのだと思う

なぜならマロが
自分の意思ではなく
誰かにダイエットを強要されていたとしたら

同じようにすると思うから
その辛さや気持ちが
手に取るように分かる

何時ものように
ジム近くのコンビニの
雑誌コーナーで
立ち読みしているその人

良くも悪くも
以前から全く体型は変わっていない

ハァ…
今やマロは
その人と同じぐらいの体型

当時マロは
ジムで2時間は汗を流し
ウォーキングだって2時間近くしていた…
体重だって70㎏も減らした

しかし
まったく痩せていない
その人と

一旦は痩せたけれど
体型が元に戻ったマロとでは

どちらが
優っている?かとするなら

マロの惨敗だな…

自分自身に
「頑張れ!頑張れ!」

ピックアップ記事

  1. 痩せると寒い
  2. ダイエット100日目
  3. 体重が減るとき脂肪と筋肉が減る理想の割合
  4. 130kg→90kg画像で見比べる脚の変化
  5. パーソナルジム 高度肥満トレーニング

関連記事

  1. リバウンド期間

    失敗は成功の元と言うけれど所詮…失敗は失敗だ

    失敗は成功の元と言う失敗を反省し改善していくことで成功を収める…

  2. リバウンド体重110kg台

    痩せても太っても共通で使える衣類は靴と靴下

    自業自得で笑うしかないけれど一気に暑くなったこの気温に…

  3. リバウンド期間

    階段の上りと下り楽なのはどちらなのか

    終電間際の帰り道上りのエスカレーターは動いているのに下りのエス…

  4. リバウンド体重120kg台

    家でできるダイエットエクササイズ

    こうも暑いと自分の体を持て余してしまって嫌になってしまって…

  5. リバウンド期(健康)

    睡眠時代謝とカタボリック

    この1週間で筋肉が1kg減ってしまったことがショックだった…

  6. リバウンド体重120kg台

    糖を多く含む食事は3~4時間後に再び糖分を含む食事を欲する

    食い気と眠気どちらが勝つのか一般的には眠気の方が勝つと言われている…

Choose your country or region

アーカイブ

ブログ内 キーワード検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

カテゴリー

にほんブログ村に参加しています

最近の記事

イチオシ記事

おすすめ記事

  1. 大幅リバウンド体重120kg台

    ダイエットを成功させる心理学
  2. リバウンド体重110kg台

    太るとテリトリーが狭まる
  3. ダイエット健康

    体調不良になると体重が減らなくなる
  4. 第1回目大幅ダイエット

    左利きあるある
  5. ダイエット美容

    ダイエットで美脚を目指す
PAGE TOP
Verified by MonsterInsights