リバウンド期間

大幅リバウンドで修羅場

最近メンタルが修羅場で…
精神的にきつい日々を過ごしています

足を痛めてしまったことで
運動ができなくなってしまったことや

スポーツジムも
1週間のお盆休み

突如現れた父親の存在とその死
知らされた新たな兄弟・姉妹の存在

久しぶりにマロを見る親族
マロの体型を見て驚きながら
すごく言葉を選んでいる

「痩せたのに…なんで戻るんや…?」
「どうしたんや…」と
リバウンドをしてしまったマロのことを
残念そうに見ている

それを聞いていた別の親族が
「痩せていた??」と逆に驚いた顔をした

「マロはイロイロな体形パターンがあるんです…」
今日はたまたま…この体形で…と、意味不明な会話

そういえば最近
マロ自身も開き直ってしまったのか
この太い体を見られることが
恥ずかしくなくなった

あれほど太った体を見られるのが嫌で
逃げ隠れしていたのに

以前のように
血を吐きたくなるほどイヤだと思うこともなく
太った自分自身を受け入れている

そのためにしばらくお会いしていない人とでも
堂々と自分から会いに行けるようになってきた

ほんとに今
イロイロな出来事が起きていて

マロの大切な知人が
脳内出血で倒れた

お見舞いに行くと
脳機能のリハビリ中

マロを見て
誰?知らない人!そこの太った人は誰?

脳のリハビリをしていない人でも困惑する体形のマロ

顔面蒼白な知人…記憶が…私…記憶が…と…
知人の困惑が手に取るように伝わってくる

大幅リバウンド
知人の記憶の中のマロはいつ時点の記憶?

本日パターンB体形のマロの内心は修羅場だ

ピックアップ記事

  1. ダイエット体重の数値に囚われる
  2. 過食嘔吐を止められた理由
  3. 考え方が180度異なる食事管理・パーソナルジム
  4. ダイエット23ヶ月目の結果と成果
  5. ダイエット3ヶ月目の結果と成果

関連記事

  1. リバウンド103.8kgからの挑戦

    一瞬だけ体重の事は忘れさせて

    ダイエットのやる気チャージ50%に対し本日のブログを書く気力は…

  2. リバウンド期間

    限界まで吸った息を止めて酸素を体内に巡らせる

    運転席ギチギチに詰まっている身体ハンドル調節はトラック…

  3. リバウンド体重110kg台

    半身浴の発汗に備えて水分を溜め込む体質になる

    ダイエットを始めてから取り入れた半身浴リバウンドで体重を増…

  4. リバウンド期(健康)

    甘い物が食べたくなった時は酸味で抑える

    今日はバレンタインこの時期になると様々なチョコレートや高級…

  5. リバウンド体重110kg台

    ストレスだと食べストレスから解放されたと食べる

    昨日嬉しいことがあり今日いっぱい笑った1日だった祝杯だ!…

コメント

    • 思った通り
    • 2019年 8月 15日

    某ヲチスレでも嘘臭い妄想を書いてる頭のおかしいデブ扱いされてますね

    • 何が言いたいのかわからない
    • 2019年 8月 15日

    足が痛いだけなら足以外の運動すれば?
    精神的に修羅場でも食事制限は出来るよね?
    なんでやってないの?
    ダイエットしない言い訳はもういらないしずっと言い訳していたいならダイエットなんてやめたら?

    • は?
    • 2019年 8月 15日

    太った体を見られるのが嫌?
    人生の大半を肥満体型で過ごしてたと書いてましたよね
    毎日学校や職場に肥満体型のまま行っていた・いるのは何とカウントされてるんですか?
    同級生や同僚、お客様は人間ではないということですか?
    自分の感情にだけ敏感で他人にはものすごく失礼な事を平気で書きますよね
    そういう性格の悪さが今のいびつな体型を生んだんですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Choose your country or region

アーカイブ

ブログ内 キーワード検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

カテゴリー

にほんブログ村に参加しています

最近の記事

イチオシ記事

おすすめ記事

  1. リバウンド期間

    失敗は成功の元と言うけれど所詮…失敗は失敗だ
  2. パーソナルジム(筋トレ)

    ダイエットの失敗で太りやすい体質になる
  3. ダイエット食事

    太い人の食事は気になる
  4. ダイエット停滞期

    ダイエット中のニキビ
  5. 大幅リバウンド体重120kg台

    逃げることができていたあの頃は、まだ痩せていた
PAGE TOP