パーソナルジム(筋トレ)

ワークアウトとボディメイク

自分でトレーニングを実施する場合と
パーソナルジムでトレーニングする時の
現段階での1番の大きな差は

有酸素運動を実施しない事

前回大幅ダイエットで135kgから63kgに体重を減らした時は自分でトレーニングメニューを計画
有酸素運動で脂肪を燃焼させようと

ウォーキングメイン+筋トレを実施していた

ほぼ毎日平均90分を費やして
毎晩ウォーキングを実施

仕事とスポーツジムが終わり帰宅後

日付が変わる頃に歩き始め
平均10,000歩を歩いてから就寝

歩くことで脂肪燃焼させ痩せる!

雪で道が凍結していても
氷点下でも台風の日でも雷の日も雹が降っても
雨さえ降ってなければ歩き続けた
痩せるために、ゆるぎない信念のもと歩き続けていた

しかし有酸素運動で消費するエネルギーは
努力に対して大きいものとは言えず
見に見えた効果を上げるのには
かなりの運動量が必要となる

また有酸素運動は
筋トレのように基礎代謝を増加させる効果があまりなく

体のラインを作ることもできないため

前回のダイエットでは
多少痩せただけで身体のラインは崩れてしまっていた

比較して
筋トレの場合は
正しい種目を選べば
鍛えたい部位を集中的に鍛えることができるため

メリハリのあるボディライン作れる

マロの場合
大幅ダイエットと大幅リバウンドを
今まで何度も繰り返してきてしまったため
身体のラインが激しく崩れ
痩せたからといっても
見た目の印象が良くなる可能性は低い

そのためダイエットだけでなく

ボディメイクと言う観点からも
パーソナルでトレーニングを受けるのはとても有効的だと思っている

トレーニングでは「背中の日」
背中とひとくくりにせず

いろんなバーに持ち替えて

引き寄せる腕の幅や角度を変えながら
背中を細分化してトレーニングを実施する

体重を減らすダイエットは自分ではできたけれど
体を作っていくダイエットはマロには難しかった

そして何よりも
夜な夜な歩かなくても良い安心感

暗い夜空では天候の変化が読み取れないため
いつ雨に降られるか神経質になっていたけれど
天気予報に振り回される事もなくなった

以前はダイエット効率が悪く
ダイエットがとても忙しかった

今回のダイエットは
時間的な余裕がある

その差は大きい

そしてその差は
ダイエットを継続させる
可能性を大きくしてくれている

体の崩れを最小限に抑え改善しながら
もうすぐ2ヶ月になろうとしている
パーソナルジム通い

これからも頑張っていきたい

ピックアップ記事

  1. ダイエットの失敗例
  2. パーソナルスペース
  3. 無酸素運動と有酸素運動どちらが痩せやすい?
  4. 肥満体型憂鬱な衣替え
  5. ダイエット筋トレのジム通い5ヶ月目の変化

関連記事

  1. 第3回大幅ダイエット

    体重134kgから始めるパーソナルジム

    パーソナルジム初日この体型からスタートですまずは2カ月…

  2. パーソナルジム(食事)

    ダイエット中の食事に満足する工夫

    前回の大幅ダイエットから朝食をたくさん食べる事が習慣付いてしま…

  3. パーソナルジム(筋トレ)

    ラットプルダウンで疲れない体を目指す

    コロナ太り以降急激に増えた体重ステイホームも拍車をかけ体を…

  4. パーソナルジム(筋トレ)

    ネガティブな記憶でトレーニングを終えない

    ダイエットは8割が食事管理で残り2割が運動その8割の食事管理が…

  5. パーソナルジム(食事)

    チートデイリカバリー3日目

    チートデイ後リカバリー3日目体重は前日より600g減(体重114.…

  6. パーソナルジム(筋トレ)

    バナナで生活習慣病予防

    ダイエットを始めてから最近の楽しみといえば「バナナ」…

Choose your country or region

アーカイブ

ブログ内 キーワード検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content

カテゴリー

にほんブログ村に参加しています

最近の記事

イチオシ記事

おすすめ記事

  1. リバウンド体重110kg台

    リバウンドした駄目な自分と向き合う
  2. リバウンド体重110kg台

    食欲は落ちているのに体重が増える謎
  3. ウォーキング

    夏場よりも冬場の方が痩せやすい
  4. リバウンド体重120kg台

    急激に増えた体重に足が痛む
  5. ボディメイクインストラクター資格取得中

    筋トレの増量期と減量期の移行のタイミング
PAGE TOP