リバウンド期間

メタボリックシンドロームの判断基準

女性の場合
男性ホルモンが少ないため
筋肉を肥大させる事は難しい

そのため

ジム通いをして筋トレをしても
果たして効果は得られているのか
見た目も体感的にもわかりにくい

これだけジムで筋トレを実施しているのだ
きっと引き締まっているんだろうなぁ~と
思い込んでいるだけなところもある

今週の
身体計測の結果を見ていくと

この1週間で
首周りは52.6cmから→ 50.8cm
バスト132.1cm→ 130cm
ヒップ132.6cm→130.4cm
足69cm→67.3cm

順調に減っている

1週間トレーニングをがんばったため
当然の結果なのだけれど…

前回の測定から

ただ1つ
ABD(腹囲) 135cm→ 139.1cm

腹囲は増えている

やばいでしょ!
ヤバイでしょ!
ヤバイでしょーー!

メタボリックシンドロームの判断基準は
ウエストサイズが男性85cm以上・女性90cm以上

ダメダメじゃん!!!

理由は簡単
以前から愚痴っているけれど

体が太すぎて
腹囲を鍛えるトレーニングマシンに
体がまだセットできない

未だこのウエストだけが
筋トレを実施できていないのだ

ジム通いを4ヶ月も続ければ
体重の変動はわずかでも

多少は体が引き締まり
少しは細くなったのではないか?

トレーニングマシンが使えるぐらいにはなっているのではないか?と
体をセットしてみるのだけれど

まだまだ太すぎて利用できない(苦笑)

しかし逆に
トレーニングできてない部位が
こんなにも引き締まらないなら

やはり
ジム通いでトレーニングできている部位は
確実に体が引き締まっているんだとも実感

おそらく
体重が100kg以下にならないと
腹囲を鍛えるマシンは使えないのだろう

ジムには
日本の人向けのマシンを置いているジムと
海外から輸入したマシンを置いているジムがある

以前利用したことがある
輸入したマシンを置いているジムは

トレーニングマシンのパーツが大きくて
女性には扱いづらかった

しかし
輸入をしたマシンを置いているところであれば
おそらくマロは
全身くまなく鍛えられる

そのため輸入したトレーニングマシンを置いてるジムに変ろうかと考え中

それまではジムのマシンを使わなくても
腹囲の脂肪にアプローチできる運動を実施

今は腰を痛めていて腹筋がまだできないため
運動ではなくドローイングを実施

以前からドローイングは取り入れているけれど

有酸素運動とドローイングを組み合わせることで
腹囲の脂肪の減少に
効果的にアプローチできると言うことなので

活動時などで歩いている時は
ドローイングで腹囲の筋肉を意識し

少しでもお腹の脂肪を減らせるように
頑張りたいと思います

ピックアップ記事

  1. ダイエット前より太くなった部位
  2. グーグルが教えてくれる「痩せる答え」だけでは痩せられない
  3. リバウンド時の食欲をコントロールする方法
  4. 太っていることで諦めたエピソードいろいろ
  5. 腹斜筋を鍛えてもウエストが細くならない失敗談

関連記事

  1. リバウンド体重120kg台

    肥満体型の人は熱中症になりやすい

    「暑そうやねぇ大丈夫?」顔見知りでない人に声をかけられる「…

  2. リバウンド期間

    ヘルプマーク

    最近やたらとこのマークを見かける恥ずかしながら、このマークの意…

  3. リバウンド期(健康)

    筋トレ後の疲労回復と筋肉肥大

    ジムを掛け持ちするようになって翌日に持ち越す疲労感がすごい…

  4. リバウンド体重110kg台

    リバウンドをした出世できない人

    「マロさんて出世しないタイプの人間やね」そう言われて苦笑した…

  5. リバウンド103.8kgからの挑戦

    トレーニング中の腹直筋症候群

    痩せるために取り入れたダイエット運動徐々にできる運動メ…

  6. 筋力トレーニング

    下腹筋は支える部位ため鍛えにくい

    この体型の当時は平均100回/1日ほぼ毎日腹筋していた…

Choose your country or region

アーカイブ

ブログ内 キーワード検索

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors

カテゴリー

にほんブログ村に参加しています

最近の記事

イチオシ記事

おすすめ記事

  1. メンタルヘルス

    ダイエットのモチベーションを上げるアイテム
  2. 少し痩せて良かったこと

    ダイエットで変わる潜在意識
  3. リバウンド期間

    ダイエットを意識しなかった日
  4. リバウンド期間

    マロの憂鬱
  5. メンタルヘルス

    ダイエットの敵は自分自身
PAGE TOP
Verified by MonsterInsights