ダイエットメニュー

脂肪細胞の寿命は10年リバウンドのリスクも10年

最近「体型が以前の3分の1になりましたね」と
声をかけられることが増えた

マロ「さすがに3分の1ってことはないよ…」と嘆いていると

母親「あなたみたいな大きな体型の人」
母親「あなた以外で街中で見かけたことがない」
母親「あなたが街の中で一番大きかった」と言う

マロ「・・・・そう。」

それからすれば随分と
痩せてきたものだ
ただ悔しいことに
どれだけ痩せても
いったん増えた

白色脂肪細胞の数(脂肪)は
ダイエットで減ることはない

一般的には成人で400億個ほどの脂肪細胞を持つ
これが肥満の人の場合800億個ほどの脂肪細胞になると言われていて

マロの場合
重度肥満だったため
今の体型が以前の1/3だとするならば
約1000億個の脂肪細胞を保持していることになる?

この増えてしまった脂肪細胞は
ダイエットで消滅してくれたら良いのだけれど

消滅はしてくれない
そのまま残る

脂肪細胞の中に蓄えられた脂肪がなくなると
小さくなって前駆細胞と言うものに変わるだけ

次に入ってくるエネルギーを
いつでも細胞に蓄えられるように
待機状態の細胞になるだけなのだ

マロは毎回のダイエットで
脂肪細胞を
小さくしているだけにすぎない

この白色脂肪細胞の寿命は10年

いくら外見的に痩せたとしても
体内には潜在的に大量の脂肪細胞を持つことになる

これにより
人の3倍太りやすい体質だとも感じる

この細胞をなくすまでがダイエットだとすれば
今回のダイエットは最短でも10年計画

10年か・・・
そんな先のことは分からないけれど

10年頑張れば
肥満体質を克服できるなら
ダイエットを頑張る価値がある。

ピックアップ記事

  1. 大幅ダイエット途中経過-42.5kg減量
  2. ダイエット8ヶ月目の結果と成果
  3. ダイエット4ヶ月目の結果と成果
  4. 筋トレの腹筋は24時間の休息で増加する
  5. 腹直筋を鍛え基礎代謝量を上げ余分な脂肪を燃焼やす

関連記事

  1. ダイエット健康

    リンパマッサージで浮腫みを改善

    全身がかゆくて痒くてたまりません...まるでシモヤケが治る…

  2. 太っていて困ったこと

    体重の重みで浴槽が壊れた

    ついに半身浴が出来なくなってしまった原因はコレ!浴…

  3. ダイエット食事

    ガゼリ菌SP株で内臓脂肪を減らす

    訪問販売員金を売ってくれ味噌を買ってくれ新聞の契約保険…

  4. 食べてしまった

    ダイエット無駄な抵抗

    クリスマス前日マロは一足先にクリスマスを終わらせた一足先に…

  5. ダイエット食事

    食事をしてもお腹が減る理由

    今日のマロは1日中お腹を空かせていた・・・朝ごはんもしっかり食…

  6. ダイエット健康

    舌磨きダイエット

    ピンポーン家のインターフォンが鳴った隣人「大丈夫ですか?」…

コメント

    • マシュ麿みき
    • 2017年 3月 14日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは
    10年って長いけれど
    10年前を振り返ってみたら
    当時から現在・・・
    なんとなく無理ではなさそうな期間に思えます♪
    維持していきたいですヾ(≧▽≦)ノ

    • ことね
    • 2017年 3月 13日

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まろさんブログ読んでると勉強になります。目標体重になっても10年は維持しないと安心できませんね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

にほんブログ村に参加しています

  1. メンタルヘルス

    減った体重の維持は痩せるよりも困難
  2. ダイエット食事

    人生半分損している?
  3. ダイエットモチベーション

    物欲で食欲を抑制
  4. メンタルヘルス

    体形変化ストレス
  5. ウォーキング

    ウォーキングソックス
PAGE TOP